カテゴリ:感想・レビュー( 39 )

大阪での基盤を作ったパフォーマンスから6年、人類学オカモトマサヒロさん

あれからちょうど6年がたつことを今朝知った。6年前のこの日、私ははじめて即興楽団うじゃを経験し、またそこに集った人たちにより大阪うじゃの基礎ができた。ひさしぶりにそのときの映像を見てみる。東京のメンバーがたくさん来ている。その多くは現在でも繋がりがある。会場にいる人びとを二つに分け、声による掛け合い(これを歌垣と呼んでいる)がはじまる。掛け合いがこんなに楽しいことを私はこのとき知った。二つの声がひとつになる。カメラマンとして参加していた私はこのとき言葉にならない感動を覚えた。ひとつになった声を切り裂くようにジャンベが鳴り響く。ぐるぐるぐるぐる、渦巻くように場は混沌の世界に突入する。開始時に降っていた雨はいつの間にかやんでいた。

そのとき書いた記事を下にコピペ。(2017年1月23日)

ーーーーーーーーーーー
扇町公園のイベントでもっとも強烈だったのが、即興楽団UDjeによる参加型パフォーマンス。この楽団を率いるナカガワさんと夏にあった時、彼女は「祭りをつくる!」と断言。私は半信半疑だったが、今日参加してみて、あれは確かに「祭り」だった。民俗としての「祭り」と、アーティストがつくりだす「祭り」。その構造的な共通点と差異をあぶりだしたい。(2011年11月23日)


ウジャ 即興楽団UDje( ) / 扇町公園ライブ映像



d0157313_10560163.jpg
d0157313_10564362.jpg
写真はその時の様子。パフォーマンスのワンシーンから。





[PR]
by ensembbb | 2017-11-23 10:49 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

わいわいくらぶ〜久慈 圭子さん感想

久慈圭子さんこと、ジュンジュンさんから感想頂きました。ジュンジュンさんとは、私の弟が通っていた千葉盲学校にある青年学級でのうじゃの活動「うじゃレインボー」からのおつきあい。うじゃレインボーはなくなってしまいましたが障害のある人たちとの会「わいわいくらぶ」で年一回ですがお手伝いしていただいています。以下、ジュンジュンさんから頂いた感想を転記します。(ナカガワエリ)

11月になって漸く秋本番な今日この頃🍁🍂
昨日は即興楽団UDje( )<うじゃ>のお手伝いでした。
国分寺市の「わいわいくらぶ」主催の年1回のイベントです。
お手伝いも5回目…早いものでスタートしてもう5年になります。

参加者はもちろん、付き添いのボランティアやヘルパーさんが
太鼓を叩いたり、身体を動かしたりすることに段々慣れて
自分自身も抵抗なく楽しんでいる様子を見ていると
一歩一歩着実に前進して来たのを感じます。

頻繁に定期的に実施するサークル活動も勿論いいけれど
こういう、年に一度の『七夕』的なイベントもなかなか素敵。
一年ぶりに参加者の元気な顔を見られて嬉しかったです💕

UDje( )団長のナカガワエリちゃんは益々パワフルに
美しく輝いて、大阪と東京を往き来しながら大活躍中❗️
下手な政治家より、よほど社会に貢献していると私は思います。
エリちゃんは私の人生に多大な影響を与えた1人です🌟

⬇︎これは今年2月のBe iNSPiRED! のエリちゃんのインタビュー。
関心のある方、お時間があるときに是非ご一読ください!(久慈 圭子さん)
【前編】http://beinspiredglobal.com/interview-eri-nakagawa-1
【後編】http://beinspiredglobal.com/interview-eri-nakagawa-2

d0157313_11130938.jpg
写真は、昨年(2016)の体を動かすシーンから


[PR]
by ensembbb | 2017-11-13 11:14 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

「なんば高島屋前 路上ライブ」無事に終了しました

うじゃのパフォーマンス前夜、この路上ライブの中止を警察から求められる。という一件が入ってきた。急遽メンバー間でディスカッションをし、オカモトマサヒロさんの語り、そして私の声と歌、動きで挑む。いつものうじゃとはかなり違った内容になったと思います。
これを一つの見世物としていくにはまだまだ余地のあるものですが、数年前からの「身ひとつで立つ」という目標に、やっと踏み出せたという実感があります。きっかけをくれたオカモトマサヒロさんに感謝します。
そして、場を支えてくれた多くの仲間たちがいたからこそリラックスしていられ、おひさしぶりの方もいてくれてなんだか心があったかい、幸先のいいスタートが切れたと思います。みなさん本当にありがとうございました!

最後に、パフォーマンスの時間が早まったこともあり、会場まで足を運んでくれたのに見れなかったという声も聞こえてきました。ごめんなさい。次回、パワーアップしたものを用意しますのでまたよろしくお願いいたします!(ナカガワエリ)

d0157313_13045711.jpg

d0157313_13090792.jpg
d0157313_13094487.jpg


撮影:永山 耕二さん


[PR]
by ensembbb | 2017-11-06 13:11 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

フリーペーパー「ずぶぬれ3号」に書いてもらいましたv( ̄ー ̄)v

みさき先生と呼ばれる女性に兵庫で出会った。聞けば、「ずぶの学校」というところの校長先生をしていると聞く。もらったフリーペーパーには、「ずぶの学校は、絶滅危惧種を応援します。生き延びよう。」と書いてある。おもしろい!(ナカガワエリ)

以下、みさき先生の文章を転記。フリーペーパー「ずぶぬれ3号」はお手紙したら頂けます。きっと。


▽「うじゃ」という習い事を始めました。体や声、太鼓を使って、その時その場でそこにいるひとと音楽・ダンスを通してコミュニケーションをとる即興楽団UDje( )(うじゃ)。はじめてワークショップに参加したとき、私が忘れてしまっていた感覚を鮮明に思い出した。自由に歌ったり、踊ったりすること。決まった形を教えてもらうのではなく、自分の中から出てくるでたらめな音や動きでオーケー。参加者の中には、音楽や舞踊の素養のある方も数多くいて、何もない私はいかにもどんくさく、やっぱり恥ずかしい気もするのだが、うじゃを主宰するナカガワエリさんは、何をやろうが優劣をつけない先生なのである。一人一人をよく見ていてそれぞれの個性に合ったミッションをそっと与えてくれる。とにかく、何もしてみないことが一番恥ずかしくなってくるのだ。真剣に、自分の気持ちに素直に遊んでいること、人に媚びないで自分の芯を貫き通すことを実際に今この場で一人一人にやってみせさせる気迫がすごい。それは押し付けるのではなく、圧倒的な光によって、草木に上を向かせるように。「お天道様は見ている」といった存在感。▽切羽詰まって、何か音を発しなくてはならなくなった瞬間、私からとっさに出てきた音は、中学の時吹奏楽部でトランペットを吹いていた時に練習した「ダブルタンギング」の音だった。トゥクトゥク…と発しながら、あ、私の中にこんな音が残っていたんだ。「思い出すこと」と「思い付くこと」、過去と未来は、現在にある。私の体の中に宿っている。いろいろな人、時間、場所が、私の中に眠るいろいろな私を引き出してくれる。時々それに気が付くこと。それが川の流れに抗う石であり、音の流れに逆らう休符であり、ちらっと光る生きる希望のように思う。▽自分の中に「何もない」なんていうことはないはずなのだ。それは周囲からの贈り物をないがしろにする傲慢な発想だ。何も分かっていない、分かろうともしない青二才だということだ。あるいは「表現できない」? そんなはずもない。もっと今の不完全な自分をのびのびと動かして、やってみればいい。完全態でなくても今ここでできることは何か、そうだ、やることだ。さあ、歌おう、もちろん楽譜はないぜ。「他人が笑おうが笑うまいが自分で自分の歌を歌えばいいんだよ。歌に限らず他人の判断ばかりを気にしていては本当の人間としての責任がもてない。」(岡本太郎) Be Taro!!




[PR]
by ensembbb | 2017-09-18 11:20 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

奥伊勢サタデーナイトマーケットに参加してきました

うじゃの時間は炎天下の最中。あいにくお客さんの出足は少なかったのですが、イベント出店の方、アーティストの方、子たち含めた関係者方々と、この場を一緒に共有しましょう〜とご挨拶のような始まりの儀式になったことがすごく嬉しくて。

そしてもう一つ、私の中で変化が。
脳性麻痺を持つ方たちの活動の一部を描いた『さようならCP』というドキュメンタリーの鑑賞会を8月12日に「うじゃのお盆さん」でやるのですが、その流れでどうしても心に留めておきたかった本を前日まで読んでいて、それが私の中に強く影響したのか、今までになくいろんなものが消化できた1日になりました。
ギラギラ太陽に晒され、木陰や風のありがたさを感じ、蝉の鳴き声や雲の合間から見えた虹の美しさに開いていく自分を感じた。満月も近いからかな。

このイベントの中心となって動いている小野寺未希さんにありがとう、そしてお疲れ様です。

写真はうじゃの始まりの一コマ。始まるよーと呼びかけているところ(私)。隣に見えているのはうじゃの後に演奏する根っこさんちのお子「おでこちゃん」。撮ってくれたのは大阪うじゃリズムの要、イワちゃん。心からありがとう。(ナカガワエリ)

d0157313_08491565.jpg


[PR]
by ensembbb | 2017-08-07 08:49 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

いなもりようこさん 感想「いなもりようこワークショップ 身体が動き出すところ」@大阪

「いなもりようこワークショップ 身体が動き出すところ」素敵に終了。参加者は、福祉施設の職員さん、うじゃの定例ワークショップ(福祉施設)アシスタントの方、うじゃを習い事にしたいという意欲的な方でした。それぞれ次につなげていけるような活動になったと思います。最後はみんな楽しそうにからだが動いていました。ご参加くださった皆様、ありがとうございます。
と、いうことで7月17日(月・祝)に第二回目@大阪を予定(会場が確定しましたらおしらせいたします。)。
まず頭で考えちゃってからだが動けないって人、障害のある人と楽しく踊りたいって人、ここにヒントがありますよ。

いなもりようこさんからコメントいただきましたので転記します。(ナカガワエリ)


先週末の大阪入りで、ナカガワエリさんに初の試みをセッティングして頂きました「いなもりようこWS身体が動き出すところ」写真はその様子です。
はじめましての方やお久しぶりの方と小さな会議室でごろごろすたすた。一つとして同じ身体はなく、一歩踏み出すのもそれぞれの動機があるのを感じながら。私自身何を動機に踊っているのか、一人の時・誰かとある時、何が起こっているのだろう? そんなことを考えながら挑んだWSを終え、ふと出てきたこと。

好きなことと得意なことは同じではない。
得意じゃないから敬遠してるのはもったいない。
不得手なそれが自分にとっての喜びかもしれないから。

ダンスのことだと思ったけれど、時間をおいてみたら今回のようなWSのことだと腑に落ちる。準備中、眠れないとかお腹痛いとか不得手感いっぱいだったのに、終わる頃には次のことを考えていたのだから。

ご参加下さった皆さま、エリさん、貴重な経験をありがとうございます!(いなもりようこ)

d0157313_07281870.jpg




[PR]
by ensembbb | 2017-06-07 07:33 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

髙橋陽子さん「障害のある人で作るうじゃりの場@東京〜vol.1 音に触れてみよう」かんそう

私と同じように、障害を持つ弟さんがいる高橋陽子さん。弟の一浩くんは嬉しいことに”うじゃ”が大好きなようで、自作のマレットを持参し参加してくれます(今回はマレットを装着するベルトがお目見えw)。いつもは一浩くん一人での参加ですが、今回はペア参加ということで陽子さんと一緒に参加してくれました。高橋陽子さんからかんそういただきましたのでご紹介します。(ナカガワエリ)


どの様にリードするのかを見たくて、参加しました。いろいろ勉強になりました。はじめての参加者も多く、年齢層も幅広いなか、みんなが楽しめる時間をつくれたのは、すごいことだと思います。

エリさんとようこさんのチームワークが、素晴らしかったです。普段自分がやったり手伝うワークは、リーダーとアシスタントの役割がはっきり決まっている場合がほとんどですが、今回のワークは場面によってリーダーが代わり、その切り替わりも自然で、上手く役割分担が出来ていました。ワークの流れが音から体に焦点が移り、リーダーが代わることで、わかりやすく流れていったと思います。このチームワークが羨ましく思いました。

それから、一浩大満足でした。なかなか新しい知り合いをつくる機会がないので、こういう機会は貴重です。よしき君と戦隊モノの話かできたのも、嬉しかったようです。回数を重ねることで、参加者同士の交流も深まると、期待出来そうです。そして、次の日も仕事に行かれました‼️これは快挙です‼️

私の方がダウンして、行く予定だったバレエのレッスンに行かれなかったです😭。

いろいろありがとうございました。
来月も調整中。また連絡します。
よろしくお願いします。(髙橋陽子)


次回の
「障害のある人で作るうじゃりの場@東京〜vol.2 からだで遊ぼう」
太鼓の生音があったりなかったりする中でからだを動かし遊びます。コミュニケーションから生まれる何かを探して。

日時:6月10日14時〜@東京都府中市(参加の方に追ってご連絡いたします)
対象:障害のある人と支援者(親、兄弟、ヘルパーさんなどなど)
参加費:2名で3500円(楽器レンタル込みとなります)
お問い合わせ・お申込み:udje.info@gmail.comまで
参加者全員の氏名・ご連絡先(メールアドレス)・電話番号・年齢・性別をご記入の上お申し込みください。
返信を持って予約完了となります。

※この企画は不定期に開催していきます。
※「うじゃる」とは、他者と何らかの関係を持つこと(意識的に持たないと言うやり取りも含めて)。ワークショップでは太鼓や声、体を通して他者との関係を持つことを指していいます。

d0157313_09075077.jpg
「障害のある人で作るうじゃりの場@東京〜vol.1 音に触れてみよう」のワンシーンから



[PR]
by ensembbb | 2017-05-10 09:16 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

磯辺美希さん「障害のある人で作るうじゃりの場@東京〜vol.1 音に触れてみよう」かんそう

初「うじゃ」でした。
じゃんべなどの太鼓と身体を使ってのワークショップ。
私は楽しかったけどチビはどうだったのかしら。

いろんな思いが頭と心の中を駆け回っている様子。

夜ぐらいには溢れ出てくるかしら…。

こんな風に自由に音を出し身体を開放していくのは苦手なようだ。

学校では「ちゃんとやりなさいって言われる」のだそうで…型からはみ出ることはなかなかやらせてもらえないんだろうね。特に支援級は。

どうにかしなくちゃね。(文・写真:磯辺美希さん)


私にとってこの企画はある意味10年かかってやっと形になった企画だった。

障害の弟と楽しみを共有できることをしたいという初期の私の願いから芋づる式に出てきた母との問題。そこから始まった人とうじゃること(何らかのかかわりを人と持つこと、持たないということも含めて)について。迷子にならずここに辿り着けたことをまずは喜ぶ。
ご参加くださった皆様ありがとうございました。
そして面白がって力を貸してくれるうじゃる皆様に。(ナカガワエリ)

次回の「障害のある人で作るうじゃりの場@東京~vol.2 からだで遊ぼう」は、6月10日14時~@東京都府中市です。太鼓の生音があったりなかったりする中でからだを動かし遊びます。コミュニケーションから生まれる何かを探して。

対象:障害のある人と支援者(親、兄弟、ヘルパーさんなどなど)。
お問い合わせ・お申込みは udje.info@gmail.com ナカガワエリまで

d0157313_16324091.jpg


[PR]
by ensembbb | 2017-05-09 16:38 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

テラコ部員「Don't think. むーぶ うじゃ!」かんそう

兵庫県西宮市内旧小学校で30代〜50代の2時間の大人だらけのうじゃ。参加者の方より感想をいただきましたので以下ご紹介。

楽器を使って表現したり、声を使って表現したり、身体を使って表現したり。
ルールなんてなく、なんでもオッケーなワーク。こんなん初体験やったな。
ほんまに楽しかった〜〜他者との関わりを身体全部で感じれました〜
ええ大人が、おもっっっっきり遊ぶ
このコンセプトって、やっぱ素敵やなぁ(4歳と6歳の子供を持つ普通の主婦 西澤友香)



今日は船坂里山小学校で、音と声とからだを存分に感じる、ナカガワエリさんによるワークでした。どんどん自分の中のなにかが外れていく瞬間は、大人にとってはめちゃくちゃ大事!それに「誰かのため」に何かをする前に、「自分のためだけ」にすることも大事やなと実感。(かずぼんさん)



そう、ぶつかりあったり、やさしくしたり、みつめあったり、手をつないだり…当たり前のことを素直に感じれるような大人でいたい。凄くすてきな経験ができた。
ありがとう。(指甲花(ヘナ)工芸作家 有馬春さん)



本当に、大人に問題あり……
まず自分に問題あり、だと感じます。
うじゃることで
少し、問題のある「大人」の殻を破れるのです。
校長もところどころにこっそり登場しています。(ずぶの学校校長 あかまつみさきさん)



太鼓とカラダと声を使って感じるままに動く。
決して自分勝手にではなく、他者を感じながら動く。
本当に素晴らしかった!
みんなが一枚一枚といろんなものを脱ぎ捨て、己だけになってまとまるライブができていく。
ライブはまさに live=生きるだ!
ジャンベも面白かった!めっちゃ欲しくなったー w(ヨガの先生 土山亜矢子さん)



「即興楽団UDje( )」の団長ナカガワエリさんのワークショップでは、自分の身体ってこんな風にまだまだ自由に動くんやー!と気づきました。自分の軸をもつことで、他者と関わり合い、そして関わり合う事で思いもよらない動きが引き出される、、、っていう感動。でも、なんだかめっちゃ特別なことというわけでもなく、ただただありがたい気持ちでいっぱいになりました。(獣医師 萩原未央さん)



先日のうじゃ。とても意味のある濃い〜時間をみんなで共有しました。たった2時間かそこらのワークショップなのに、自分に大変革をもたらしてくれる素晴らしい時間となりました。(看護師の藤原さん)


映像はこちら

みなさまありがとうございました!!





[PR]
by ensembbb | 2017-05-04 11:14 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)

さくら まみさん 「Don't think. むーぶ うじゃ!」かんそう

彼女がかかわる映画館にうじゃの新聞を置かせてもらっていたので、彼女のことはSNS上で知っていた。
いつの間にか彼女は、大人の寺子屋”テラコ”の運営者になっていて、話によると今度”テラコ”でフェスを企画するという。
そこで”うじゃる”ワークショップをやってほしいということだ。
こんな感じで彼女と直接のやりとりが始まった。
このフェスの目的は、顔と顔を突き合わせた関係を作るということだったので、出会いは上出来(笑)。

さて、私は世の中には子ども、障害あるなしにかかわらず、いろんな背景を持つ人がごちゃまぜになっている環境がいいと考えてきた。”うじゃ”はそこを目指している。
でも最近なんだか大人が気になる。
大人だから子ども優先に。とか、障害のある人には優しく。とか。
本当にそれ、自分でそう思って行動してますか?
障害のある人に迷いなくかかわれていますか?
大人が窮屈そう。そう感じるのは、私だけなのかな。

会場は旧小学校。今では市の施設として大事に使われている。
そんな会場を数人でワイワイ言いながら下見させてもらい、もう一度大人が子どもにかえるっていうのもいいなと考えた。

大人だらけのうじゃ。それが今回の「Don't think. むーぶ うじゃ!」。
大人同士で体をくっつけあい、声やリズムを出し合った即興の2時間。
終わった頃にはみんなの顔がキラキラしてた。
まみさんからのかんそうを転記します。
まみさん、ありがとうございました!(ナカガワエリ)


ただ、ただ、ナカガワエリと、即興楽団うじゃのメンバーと一度でもうじゃってみることによって日常の中の自分の軸がはっきりしてくるのではないだろうか

今回うじゃさんの福祉施設でのワークショップ(職員向けと、利用者向けをセットで開催されています)を何回か撮影取材&らくだキャラバンでの開催という関わりをさせていただき
ナカガワ エリというひとに密着した形になりました
このひとの渾身の声と体と音と、そして表現に対する情熱と純度は誰よりも高く
澄んだ心でもってストレートに響かせてきます
d0157313_11190369.jpg
三ヶ所の福祉施設職員向けワークショップ〜声と体を合わせる



福祉施設の職員のかたも
その純度に
とまどいながらも
きっと何度も葛藤しながら参加し
徐々にお互いが共有できることにきづいたり
それによって自己にきづいたりという
プロセスをゆっくりと
たどっているようにみえました
d0157313_11194986.jpg
三ヶ所の福祉施設職員向けワークショップ〜体をほぐし合う



そのプロセスで身につけた表現力を
施設利用者(障害者)のかたとのワークショップに生かすことで
職員同士のきもちの共有に役立ち、または逆に
障害者のかたの素直な表現から学ぶこともあるのではないでしょうか
そこから生まれる相乗効果というのは大きい
d0157313_11024659.jpg
福祉施設でのワークショップ〜うじゃの岩ちゃんとメンバーさん



ワークショップのあとの振り返りでは
障害者のかたのことをみんながとてもとても細やかにみていることを知りました
そして、細やかな視線があるからこそ一緒にいて居心地よくうじゃることができるんだなと感じました
d0157313_10583341.jpg
福祉施設でのワークショップ終了の振り返り



即興でお互いが音を作ったり、声をだしたり動きのコンビネーションをつくるというのは、本来ひとびとが昔からやっていたことだと思います
(お祭りとか、盆踊りとか

だけど、なぜ、今、それが難しいと感じるかというと
恥ずかしさや、照れ、そして思考や、忙しさが邪魔をして
ほんのちいさなことも、日常生活ではなかなか踏み出せなかったりするのではないでしょうか
まあいいや、と思って見過ごしたら楽なこともたくさんあるし、やらなくてすむことは、やらないでおこうとするところは誰でも持っています
d0157313_11243236.jpg
”テラコブラクダのらくだキャラバンFace to fes.~世界をふりむかせにいこうよ〜「Don't think. むーぶ うじゃ!」” 体をくっつけあって止まるのシーンから



わたしが”テラコ”をひらき、いろいろなひとに会う中で、一番感じていたことはそういう部分でしただからといって、それをしているからえらい、とか枠をはずせばなにをしたっていいんだよ、とか、表現の自由などをふりかざすつもりは全くないのだけど

今回の船坂でのワークショップは、テラコブラクダはじめ、参加者のかたの
"意識的に参加する"レベルが高く
はじまりからすでにセッションになっていて
"オトナが” ”わかっていながら" ”あそぶ”ということを
すぐに体現してみせられるひとたちばかりでした
d0157313_10590754.jpg
”テラコブラクダのらくだキャラバンFace to fes.~世界をふりむかせにいこうよ〜「Don't think. むーぶ うじゃ!」” 体、声、リズムを融合させて〜



どんな仕事をしているとか、集客ができるとか、これをやっているとか、そういうことじゃなく、ひととしてぶつかりあったり、やさしくしたり、みつめあったり、手をつないだりすることがあっていいんじゃないかって強く感じました

そして、それが全てではなく
それがあるから、また自分の道に帰っていく
そういうことだと思います(文・写真:さくら まみ)
d0157313_10553655.jpg
うじゃでは恒例の集合写真「はい変な顔〜!」

テラコの情報はこちらから https://www.facebook.com/asahiteraco/



※「三ヶ所の福祉施設職員向けワークショップ」は今年4月から施設職員だけでなく参加できるようになりました。次回は5月24日(水)18時〜の二時間程度。興味のある方は、udje.info@gmail.comまでお問いあわせください。(ナカガワエリ)

[PR]
by ensembbb | 2017-05-03 11:38 | 感想・レビュー | Trackback | Comments(0)


お問い合わせudje.info@gmail.com


by うじゃ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

即興楽団UDje( )とは?
うじゃ便り・お知らせ
お知らせ(旧)
うじゃ新聞「うじゃーナル」
感想・レビュー
雑記
うじゃのお盆さん2017
うじゃのお盆さん2016
うじゃのお盆さん2015
うじゃのお盆さん2014
うじゃる力を模索する!楽器使用>西
いろいろワークショップ・イベント
うじゃる力を模索する!楽器使用>東
声と身体の即興アンサンブル
盲学校(千葉)
作業所・カプカプ川和(神奈川)
B型事業所・ハーモニー(東京)
福祉施設合同WS(大阪)
救護施設(大阪)
うじゃ部活動
うじゃ福祉連絡会(仮)

即興楽団うじゃ主宰ナカガワエリのウェブサイト〜声、からだ、打楽器、絵を描くことを中心に人が交差する場を作っています



うじゃFacebookもあるよ




うじゃCM 2012年大阪扇町公園にておこなった大阪初ライブを中心に制作。撮影・編集 大河原 万唆博(CMの最後に出てくる udje.net は閉鎖しました)


■2013.5うじゃる力を模索する@大阪〜「二つに分かれて競い、二つに分かれて繋がる世界」


■2013.3うじゃる力を模索する@大阪〜「春を感じたワークショップ」


■2012.12大阪ええじゃないか@大阪梅田"扇町公園"


■2012.7大阪難波屋deうじゃるのほうこく、映像


■2012.1小学校特別支援学級deうじゃのワークショップ


■2012.1大阪釜ヶ崎三角公園、釜ヶ崎越冬闘争。
その1釜ヶ崎越冬闘争「釜凹バンドとウジャる」ほうこく


その3釜ヶ崎越冬闘争「ウジャまつり」ほうこく


■2011.12/29(木) 「大阪でルワンダ人学生あーんど日本人学生とウジャるの巻♪」@大阪、西成プラザ


■2011.12/23(金/祝) 「子供のたまり場をつくろう〜クリスマスイベントでウジャる」ほうこく@東京都地蔵通り商店街


■2011.11/23(水・祝)ゆめ風基金プロジェクト 「ポジティブ生活文化交流祭」東北⇔関西 障害者支援@大阪市北区扇町 扇町公園ほうこく


■2011.9/29(木)@二子玉川ライズ
「幻聴妄想かるたdeアンサンブル」


■2011.9/4(日)にしすがも創造舎の夏祭り 「畑@校庭まるごと体感デー」親子で楽しむぷちライブvol.9のほうこく


■2011.7/23(土)にしすがも創造舎 芸術家と子どもたち”音とからだdeアンサンブル”


■2011.7/2(土「即興楽団UDje()祭り_ 打打打打打楽打」ルミエール府中フロアコンサート/即興楽団UDje( )


■2011.6/12(日)渡辺タケシ家de近所の子どもたちとアンサンブル


■2011.6/2(日)盲学校deうじゃのワークショップ


■2011.5/8(日)府中deアンサンブル報告【演習/勝ち負けはないけどw即興バトル】


■2011.4/10(日)府中deアンサンブル【演習/絵楽譜から音へ】


■2011.3/6(日)
「わーくしょっぷ見本市エンガワ_まちの縁側プロジェクト」/即興楽団UDje( )、えぽんず


■2011.1/29(土)山武市手をつなぐ親の会チャリティーコンサート/即興楽団UDje( )


■2011.1/23(日)府中deアンサンブル


■2011.1/9(日)府中deアンサンブル映像付き音源


■2010.10/9(土)東京にしがわ大学開校式deアンサンブル





青年学級UDje( )レインボー

盲重複障がいを持った盲学校の卒業生「青年学級」と「即興楽団UDje( )」による待望のコラボバンド

2011文化祭のほうこく

2010文化祭のほうこく

最新の記事

師走 永岡まゆみのうじゃ便り
at 2017-12-02 23:56
太鼓たくさん
at 2017-11-27 01:32
大阪での基盤を作ったパフォー..
at 2017-11-23 10:49
うじゃのヘンテコディスコ終了..
at 2017-11-21 23:28
すべてはつながり、そしてゆっ..
at 2017-11-14 14:17
わいわいくらぶ〜久慈 圭子さ..
at 2017-11-13 11:14
子育ては爆発だぁ2017 う..
at 2017-11-10 12:57
「なんば高島屋前 路上ライブ..
at 2017-11-06 13:11
本日なんば高島屋路上ライブ鳴..
at 2017-11-04 10:00
なんば高島屋路上ライブに参加..
at 2017-11-02 09:51
霜月 永岡まゆみのうじゃ便り
at 2017-11-01 09:45
福祉農園改め、カプカプ川和で..
at 2017-10-31 10:12
うじゃコラム 参加型のステージ
at 2017-10-29 17:09
本日(10月29日)大道芸祭..
at 2017-10-29 08:23
福祉農園改め、カプカプ川和で..
at 2017-10-25 14:37
下津 彩子さんから、「うじゃ..
at 2017-10-23 13:25
地域作業所カプカプ川和ワーク..
at 2017-10-20 18:38
うじゃる力を模索する!@東京..
at 2017-10-18 08:35
障害のある人で作るうじゃりの..
at 2017-10-17 12:34
障害のある人で作るうじゃりの..
at 2017-10-11 10:06

最新のコメント

たのしかったですね。ほん..
by harmony_setagaya at 22:20
メッセージありがとうござ..
by ensembbb at 09:59
おつかれさまでした。 ..
by マママ at 14:44
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 10:18
釜ヶ崎のまちで死んでいっ..
by ensembbb at 14:19
あっ!まゆみちゃん。 ..
by eri at 20:36
布で作ったボンボンでもい..
by まゆみ at 17:22
hitomiさん、期待し..
by ensembbb at 23:43
>hitomiさん ..
by ensembbb at 23:43
またすごいでかいのとカブ..
by hitomi at 09:25
冨山普さん こんばんは..
by ナカガワエリ at 20:28
昨日はイベントでご一緒で..
by 冨山普 at 15:50
おおう!!おめでとござい..
by ensembbb at 02:07
仮免合格してなかったら、..
by まゆみ at 22:39
ところで、ひとみさんはど..
by ensembbb at 14:06
暑いですね。こんにちは。..
by ensembbb at 13:38
わたし、残念ながら「かっ..
by ひとみ at 12:21
いゃぁー。毎回楽しみなこ..
by tosh at 15:21
はい、こちらこそよろしく..
by ensembbb at 22:21
27日のハーモニーdeア..
by まゆみ at 22:13

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル